風俗の呼び込みとは

風俗の呼び込みは特に面白い。他の呼び込み、例えばキャバクラなどとは何が違うのかといえば、サービスの違いだ。キャバクラはキャバクラでしかなく、基本的には「楽しい会話」が主となる。しかし風俗は性的サービスまであるため、呼び込みの使えるフレーズの範囲が広がる。要は呼び込む下ネタが解禁されるということだ。そして呼び込みの語彙力はハンパないものがある、というのも原因としてある。

そもそも呼び込みの仕事はそのお店に客を引いてくることだ。それにより給料が決まる歩合制だ。それは居酒屋の客引きと何ら変わりはない。呼び込みは違法だが、特定の人に呼び込みの方から声をかけない限りはセーフという解釈だ。呼び込みと客との会話も、客の方が呼び込み、もとい、「店の前に立っている従業員」に話しかけて会話がスタートしたと言い張れば良い。それは水掛け論であり、どうにでもなる事柄だ。また、客に触れてはいけない。客に触るとアウトだ。そして進路を妨げてはいけない。立ちはだかるなどもっての外だ。それ以外はグレーゾーンという名のセーフゾーンであり、その範囲内での立ち回りが求められる。ルールを守って楽しい呼び込み!

呼び込みの中には別のお店を貶めて、自分のお店を薦める呼び込みもいる。そんな呼び込みには「自分の語彙で勝負しろ!」と、自分でもよく分からない憤りを覚える。それだけ呼び込みの語彙は豊富で、聞いていて楽しい。呼び込みは風俗街の華だとすら思えてくる。何度も言うようだが、あくまで違法だ。